FC2ブログ

ショック...でも負けません!


今日、ジャムの乳腺腫瘍の手術の抜糸と病理検査の結果を聞きに行ってきました。

残念ながら、ちょっとショックな結果になってしまいました。

摘出した2ヶ所とも、低悪性度の乳腺腺癌。

診断書の記載では....
『今回の摘出された乳腺では、2ヶ所に腫瘍が形成されていますが、いずれも上皮成分に軽度の悪性所見が認められることから低悪性度に分類されます。周辺組織への明らかな浸潤性は認められませんが、最小限のマージンでの摘出となっています。これらの腫瘍に関しては、今回の摘出により予後は良好と考えられますが、多発的に発生していることから、今後残存する乳腺組織より新しく病変が形成されてくる可能性があります。』


”低悪性度”というのは、助かりました。他の臓器への転移はほとんど心配しなくて良いみたいです。

今回のことで小さい頃に避妊手術を選択すれば、と考えさせられます。
ジャムを譲っていただいたブリーダーさんは、”健康な体にメスを入れるべきじゃない”という考え方で、わたしたち家族もその考えに賛成だったのですが、ヒートが来る度に体調を崩しがちで、病院の先生からは”そういう子は生殖器関連の病気になりやすい”と言われていました。結果、子宮蓄膿症に乳ガン。
今後、腫瘍が出来た場合は、乳腺ごと摘出する手術になるそうです。
ジャム、ごめんね。。。と思ってしまいます。

とりあえずは本人(犬)は普通に元気があるので救われます。
これから、体調や腫瘍ができていないか、細かくチェックしなくちゃ。
できることは何でもしなくちゃ。

うなだれてられませんね!

スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する