FC2ブログ

ちょぴり思うこと


「訪問者履歴」に残っているお名前のとこに飛ぶと、中高生が書いてるページに行き当たることがある。
それを読ませていただくとけっこうな文章の量で、言いたいことがいっぱいなんだなあ、と思う。

そういえばネ、
あの頃はわたしも声が出なくなるまで友達と話した。(PC無いからさ)
ゆるせない~とか、ありえねえ~とか。好きだの嫌いだのとか。

自分で性格が変わったとも思わないけど、

ゆるせない~は、減ったかな。
...というか、ゆるしてもらえないような自分の失敗をゆるしてもらった経験が増え過ぎて人のことが言えないのか。

ありえね~は、今ぜんぜん言わない。
むしろ、何でもありえるよね~になってる。
だから今ありえない話を皆でしたら相当に面白いような気がする。

好きだの嫌いだのは今でもあるけど、強いこだわりは無くなってる。
ある意味何でも好きで、何でも嫌いみたいな感覚。
好き!は、どんどん単純で"そこらへん"で収穫できるものになっていく。
例えば庭のお花を摘んだり、ワンコの元気に走り回る姿を見たり、ふと気が付くと周りの皆がなんてことない話で笑ってるとか、
そんなのだけで心がほっこりする。
嫌い~××、なモノからは自分から遠ざかるすべを身につける。うまくいかないこともあるけどね。

何かを無性に訴えたいことも無く、何も無いおだやかな日が大切になっていく。

こういうのは変わったって言わないで、年取ったって言うのかな。あららイヤン。

スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する