FC2ブログ

Solo好きなハーブたち


 《左/ダイヤーズカモマイル  右/ラベンダー&写りに来てくれたチョウチョ》

10年以上前、草木染めがマイブームだった頃に植えた”うちのお花第1号”のダイヤーズカモマイル。当初は染色に沢山のお花を使いたかったので、大株にして増やして日の当たる特等席に一人のびのびとさせていた。すごく立派になって、訪れる人から「分けて欲しい」と声がかかるまでになっていた。けれど、年々お隣さんに別なお花が増えるたびに、減らしてないのに自然と小さく小さくなってしまった。こぼれ種を大事にしてなんとか絶やさないようにしている。こぼれる所は南側一番先頭の日がいっぱい当たる場所。こういうところが好きなのね、って思う。

ラベンダーはうちでは他のお花とキチキチ混植で2回植えて2回とも無(亡)くなってしまった。上手に咲かせているお家のを観察すると、こちらもみんな単独で花壇の一番先頭で足下まで日が当たって乾燥して......という場所が好きなのが分かる。ダイヤーズカモマイルと性格が似てる。「ハーブはどこでも育つ」印象があるけど、この2つは特にSolo活動好きなタイプだと思う。

でもラベンダーって本当に多い!
ご近所のお庭のあるお家、5件に1件....イヤ3件に1件と言っても良いくらい、そこいらじゅう大小、よく見ると様々な種類のラベンダーだらけ!
わたしの小さい頃は(30年くらい前?)ラベンダーのポプリをお土産にもらうと珍しくて「わ~、富良野にドライブ行ったの~良いな~」だったけど、今こんなに溢れてると、ラベンダーはお土産になるのでしょうか?
ラベンダー飽和現象は北海道特有?
ファーム富田さんはこれだけラベンダーの魅力を広めるきっかけを作ったんだからすごいと思うな。
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する