FC2ブログ

ノンノの気持ちは…?

0213e14.jpg


今日はジャムの誕生日だった日ですが、ノンノは避妊手術を受けました。(合わせてはないけどそうなった)
お昼から病院へ出掛けて行って、一晩お泊まりしています。
もう手術も終わってご飯食べてるかな。無事緊急電話も無く過ごしているので大丈夫でしょう。
麻酔が効いている間に、爪切りや耳毛抜きもお願いしました。今やわたしがやろうとすると断固拒否で暴れまくって出来なくなってしまっています。あ〜ぁ、やっちまったぃーー
ジャムがノンノの年頃の時は、トリミングはとてもやりやすくて、寝てる時にコロンコロン転がしながらすべて出来ていたので、ノンノのやり辛さは信じられなくて、くじけそうになりますが…..反省するところは反省して、もう一回リセットするつもりで諦めないぞぉーーーと思ってます。だって、トリミングが好きなんだもん….だからミニシュナなんだもん

0213b14.jpg


前回書いた”ギャギャガブ事件”の後から、自分なりに考えました。やっぱり先生の口癖「犬の気持ちになって考えて…」を心の中で反復。
そうしたら、ああー!っと気がついたんです。ノンノの気持ちになってあげてなかったよなぁ…と。
私としては頑張ってノンノに譲歩してるつもりだったんです。ハーネスを特に嫌がるので、苦手な首を通すタイプのは早々に諦めたし、首の部分をバックル式に改造して付けやすいのも作ってあげたし、装着する時もフードをあげてご機嫌を取りながらやっているし...「ね、私も精一杯やってるんだからノンノだって耐えてちょうだいよ、普通は耐えられるんだよ」って思ってましたね。唸っても「だってこれ以上やりようが無いでしょ」って。
でも、ノンノは人間側の目線から見た「普通はできるでしょ」ができないコなんです。
考えてみれば、お散歩の時の吠えだってそうじゃないですか。先生に、ノンちゃんは普通に人とすれ違えないんだから、冷静に人を見られる距離が100mならそこから練習しましょうって言われてやってきて、今やっとそれが10mに縮まってます。最初そういう方法のレッスンを習った時は、犬の散歩でそこまで気を使わなくちゃいけないのが信じられなかったですもん。

0213a14.jpg


ハーネスも、トリミングも結局は一緒なんだと気がつきました。普通の犬はこれぐらいは耐えられる、ジャムはこのやり方で大丈夫だったから….ではダメだったんですよね。あくまでもノンノを見て出来ることからしてあげなくちゃいけなかった。
「ちょっとだけ唸るけど大丈夫」じゃなかったんです。唸るっていうのはそのコの許容範囲を超えているってこと。その大きな我慢がエスカレートして今や突発的に興奮したときに”ギャギャガブ”に発展してるんだと思います。あくまでも”唸るまでのストレスを与えない”を目指さなくちゃいけない。

0213c14.jpg


この何日かは、自分の常識を取っ払って洋服やハーネスを付けることに挑戦してます。洋服はそこら辺散歩の時はジャムのお下がりの首を通さずに着られるのにして、ハーネスは足を自主的に上げるまで待って、手でちょっと補助しながら無理矢理感が出ないように…..やっぱり信じられないくらい細心の注意を払ってノンノの様子を見ながら時間をかけて付けています。
そうすると…..唸らない時があるんです!どうやら、体のどこを触ったとか、おやつの種類がどうのこうのは今や関係無いらしく、ハーネスを付ける行為事態が負担で、いかに付けてないように付けられるか、気にしないように付けられるか、にかかっている気がします。
ノンちゃん難し過ぎ!!でも、それがノンちゃんなんだよね….。
唸らないで出来た時は、そうかっ!これがノンノの正解なのかぁ〜〜〜今までごめんねノンちゃん!と、思わず涙が出てきちゃいました。
今はまだ、どうすればノンノが気持ち良く...までは行かなくても、まぁ仕方ないか、と思う程度までストレスレベルを下げられるのか手探り状態で、諦めたくなるくらい気が遠くなる作業だけれど、お散歩と同じように、「出来た」を繰り返して行けばきっと良い方へ向かうんじゃないかな、と希望を持っています。
トリミングも、爪や耳はしばらくプロに任せてみることにしました。家では爪切りを見せてフードをあげるところから再スタートです。

お散歩は実はここ何日かで、みるみる吠えなくなってきたんですよ〜。まだ同じ道で人とすれ違うことはできないので、私がくるっと振り返って逆方向へ進むと、わざわざ呼び寄せなくても自主的に「そりゃそうだワ」って感じでノンノも一緒にUターンするんです。息がピッタリ過ぎて、避妊手術で途切れるのが残念だったくらいなんです。

0213d14.jpg

でもね、さすが思春期だけあって、道を自分で選ぼうとする自主性が出て来ましたね〜。ジャムもそうでしたけど、ノンちゃん早っ。
分かれ道で、双方見つめ合いが長いです。
「道の選択権はネッチャンに任せてちょーだいネ。」譲らないとノンノは折れます。まだ素直なところが残ってる?面倒くさくなって来ると譲ってますけどね。

明日はノンノ、どんな顔して帰って来るのかな。ギャギャ顔でも何でも、待ってるよォ〜。
スポンサーサイト



Comment

どうしても比べてしまいがちですが、それぞれのワンちゃんにそれぞれの個性があるんですよね。
先代犬とほとんどが正反対のとら太郎と過ごしていると、物足りなさと充実感と安心感と・・・。
去勢(避妊)後に、全く変わるワンちゃんとほとんど変わらないワンちゃんがいるみたいですが、
ノンちゃんはどっちでしょうね(^^;)

2014/02/14 (Fri) 19:48 | とらパパ #- | URL | Edit
Re: とらパパさん

とらパパさんも、とらちゃんが来た時はよく「犬ってこんなかな?」みたいに「???」な感じだったのを、わたしよく覚えていますヨ!今ではその気持ちが良〜〜〜く分かりました。
わが家もとらパパ一家と同じく、ジャムと正反対なノンノに戸惑いまくって、12年のMシュナ歴があるとは思えないほど、どうしたら良いのか分からなくなっています。
ノンちゃん帰ってきましたが、あまりに落ち込んでいて、まだ性格が変わってるかどうかが分からない….コワイィ。

2014/02/15 (Sat) 20:01 | Sayo & Nonno #- | URL | Edit

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する