FC2ブログ

改造!フリースラインドハーネス

0314d.jpg  
見てーー、この凛々しいノンちゃん!
実際は幼稚園児にビビってる姿なのですが(でも吠えてないよ)、なんだか力強く見えちゃいますよね。

この超目立つハーネスのせいじゃない〜?

ドックトレーニングの先生ご推薦の「フリースラインドハーネス」。
とうとう買っちゃいました。

犬の首や体に負担がかからないように考えられたっちゅーその筋(どの筋?)では有名なヤツです。

でもネ。

かぶりモノが不得意な犬の精神的な負担までは考えられて無い。
そこ、もう一歩おしいヨ!


0314f14.jpg 
狭いですよぉ。

わたしはこのハーネスにすぐ首を通せる犬と、嫌がらせないで上手くかぶせることが出来る飼い主さんを尊敬します。

ノンちゃんも、フードで釣って練習はしてます。
練習中に思わずスっと首まで入ることもありますけれど、そこで私が手を動かす素振りをちょっとでも見せようものなら、途端に拒否反応を起こすので、無理強いは絶対禁物。
まずは嫌いにさせないために、楽しく顔を入れて不安無く出せる練習してます。

犬が見えないように頭の後ろ側から被せる方法もあるって聞いたので、やってみようとしたら、ハーネスを背中の方へ持って行っただけで、もう警戒して振り返ったり見上げたり。
ハーネスがちょっと頭に触れたら、ビクーンッ!
ダメダ.....。
抵抗無く首を通せるようになるには、いつになることやら....

....ってことで。

0314h14.jpg 
そんーなの待ってられないワヨッ!ちょん切っちゃうワヨ、もぅ!

首にかぶせる部分のテープを片方切って、バックルをつけて開閉式にしました。
最初は勇気がいたけど、勢いでエイっと。やってみると案外簡単ネ。
動き回ってる時に、改造部分が微妙にズレたりしないかが気がかりでしたが、テープ(15mm)と同じ幅のバックル装着で大丈夫で、フリースの幅は気にしなくてもよかったです。
着脱も良好で、無事ノンちゃんの許容範囲になりました。

よっしゃ〜なんとか成功〜!


でも、ま、ね。
ここまでしても、やっぱり付けるのは嫌なんですわ。毎日「もう、散歩置いて行っちゃうよ〜」などど、軽く脅してシブシブです。一端付けてしまえば、当たりも重さもフィット感も、ソフトで楽そうで、使用感は犬的にも悪くなさそうではあります。
ちょっと使ってみた感じでは、まぁ〜〜引っ張るのも楽そうですワ(笑)。
その反面、こちら側の意思も伝わりやすい感じもします。こっちが止まるとすっと止まってくれるような。
まだ感想を書けるほど使ってないですが、なんだか楽しくて、犬も人も使い勝手が良いハーネスであることは間違いないと思います。



わたしは本家本元のイギリスのサイトから直接買いましたが、見事!色を間違えて送られて来てしまいました。
(ノンちゃんが被る練習をしてるピンクのが間違いで、別のピンクを私は注文した。)
英語で交渉するの面倒くさいぃぃ…とげんなりでしたが、やる気になればできます!って、そういうときの英文例を探して丸写ですけどね。
メールを送ったらすぐ返信が来て、正しい色のを急いで送ってくれるとのこと。
間違いのはスペアとしてそのままキープしてくれと(おそらく)書かれてたので、いただけることになったみたい。結果的に1つ得してラッキー?...
でもピンク2つにオレンジ1つで目立つ色ばかりになってしまって、それならもっと地味なのを再度選びたかったですが、そこまでの図太さと英語力は無いです。
ちなみにノンちゃんはミニシュナ♀5.4kg、胴44センチで「サイズ2」ちょうど良いです。
ちょうど良過ぎて洋服を着せたら無理です。裸だってウエストの紐が脇の横ギリギリだもの。
ノンちゃんが付けているオレンジのは、今、半額セールになっていたので、値段につられて買いました。
お買い得ですよ〜。改造も思い切って出来ました。

0314g14.jpg
んー、それにしても目立つ。写真に撮ると尚更目立つけど、肉眼でも十分目立って、早速声をかけられました。
Made in Englandです。「あのぉ〜もしや素人がミシンかけてます?」と、お尋ねしたくなる感じです。
日本製や中国製の、機械か?とツッコミたくなるような綺麗な縫製の製品を見慣れ過ぎていると、ナヌ?!っと目を奪われます。
でも、すぐ壊れそうとかそういうことじゃないので私はOKです。
フリースは使ってるうちにボソボソにはなるでしょうけど、そういう素材だからね。

はるばるイギリスからハーネスが思わず3つも。
ようっし、しばらく使ってみようネ、ノンちゃん!
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する