スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュニアクラス

1003b14.jpg
登れない、か。

先週、お世話になったノンノのドックトレーニングの先生のジュニアクラスに参加してきました。
こういうクラスは、年齢が近いコ同士、それぞれの個性を見るのが楽しいです。
今回はお散歩レッスンと室内レッスンで、外では皆で歩いたり、犬の挨拶のカーミングシグナルを見たり、呼び戻しの練習をしたり。
室内では、3匹共通のお悩みである拾い食いを阻止する練習などです。

様子はちらっとコチラ

ノンノはお友達犬と歩いたり公園に集まるのは小さな頃から慣れているので、外のレッスンはいつも通りに振る舞い、とても良いコにできました。
室内ではサモエドちゃんの有り余るジュニアパワーのバタバタに、前回同様「ギャオーッ!!」と怒ってブチ切れてしまいました。きっとやるだろうなーと思ったけれど、色々なことができるようになったので相乗効果でもしかして・・と淡い期待をしておりましたが、ダメでした。途中、気持ちをそらすためにアキレスジャーキーを食べさせたら、食べ方が恐ろしいほどガツガツしていてイライラっぷりがわかりました。ごめんサモエドちゃんーー。
拾い食い阻止のレッスン(前々回の記事のYouTubeのクリッカートレーニングのようなの)は、いつもやっているので、これも難なくクリア。

ギャオー!意外は、呼び戻しも大得意だし、ハナマル優秀なノンちゃんでした。


今回の収穫~。

ノンノの犬に対してのカーミングシグナルは、相手にグイグイされるのは嫌だけど興味はある、と先生に解説してもらい、私がいつも感じてるのと一緒で安心しました。サモエドちゃんにも外ではギャオ!はせず、自分で間合いを取って挨拶ができました。

バタバタ騒々しいのが苦手、というのがハッキリしました。
そういえば散歩中も興奮度が高い犬、縦横無尽な子供etc..何にしても、動きが激しいものに反応します。外でなら、いくらでも距離を取って回避することができるけれど、室内はそれができなくて気になってしまい、イラッ!ギャオーッ!になっちゃうんだなぁー。日常的にはそんなに頻繁に無いシチュエーションなので、反応しないようになれるかどうか...。わたしが練習台になってバタバタしてもシラッとしてるしねぇ。

ノンノはもう十分出来ているので、お散歩中はご褒美のフードを抜いていく時期だと言われました。
飼い主がフードの自動販売機になったらいけないそうで、フードより信頼関係でついて来るから大丈夫だと。
そ...そうかなぁ?(私は自動販売機でも良いんだけど...)と肩を落としていると、自信を持って!と励まされました(笑)。出来ていることにフードを出し続けるというのは、”馬の鼻先に人参”のような強制的な合図になってしまい、犬が自分で考えて適切な行動する力を弱めてしまうんです。ま、まずいッ。

先生に半年ぶりにお会いして、「ご連絡が無いのは上手くいってると思っていましたよ〜。ノンノちゃん、良いコになりましたね!」と喜んでもらえました。
ノンノが良いコになったのは、陽性強化の考え方を教えてくれた先生のおかげです。ありがとう。

成長したノンノの姿を先生に見てもらえてうれしかったです。

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。