FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットの食を考えよう

 昨日は、ペットフードとご飯の勉強会というのに行って来ました。
ペットフード、お肉、おやつなどをこだわりの食材でご自身で作って販売されている帯広の方が講師です。
もしかして、そこらへんのフードはダメだからうちのフードを買ってね、的な勉強会という名の販売会だったらどうしましょうと思っていたら、そんなことはなく、ま、そういう話も織り混ざってはいるものの、主旨はあくまでも伴侶動物の健康管理として、食のことを真剣に考えてみましょうという内容で、とても好感が持てる勉強会でした。
ペット=ペットフードを食べさせなくちゃいけないような常識ってどうなんだろう?から始まり、フードの材料や、製造、流通過程の裏話、手作りの場合の食材選びなど、業界に身を置いている方ならではの一歩踏み込んだお話もあり、面白かったです。
参加費は格安ですし、北海道の愛犬家、愛猫家にはぜひオススメです。

ところで、この方の販売しているペットフードは、肉や野菜と混ぜて食べさせる、手作り食の補助食品のようなもので、それを見てわたしは、ノンちゃんの手作り食スタイルと似たものを感じ、妙な自信が沸いてしまいました。

実はノンちゃんは、今のところ、わたしの超〜手抜き手作り食、なにを隠そう一週間に一度しか作らない冷凍食品をメインディッシュに食べております。
1219a14.jpg 
ほら、こんなの。
食材の定番は、鶏肉、豚肉(脂が苦手なような気がするので湯通ししてから)、魚、玄米、豆、ひじき、昆布、きのこ、野菜2、3種。10種類以上の食材を使うことを目標に、動物性たんぱく質を主体にしたごった煮です。
味は「つみれたっぷり(お肉はフードプロセッサーにかけるので)具沢山汁」のような感じで、自分で言うのもなんですが、素材の味が出ていてなかなかおいしいですよ。パパママは、やだぁ~食べる気しない~って言ってますけどね。
与えるときに、自慢の?冷凍食品をぬるめに温めて、食べる日に冷蔵庫にある食材をさらに2品くらいその都度追加します。
この時は鶏肉とゴーヤだったかな。鶏肉はすでに入ってますけど、そこを気にすると小難しくなるので考えません。
野菜、お肉、お魚、ゆで卵、海草、納豆、お豆腐などの中で選びます。
それから、手作り酵素、植物性油、スピルリナ(ビタミン、ミネラル補助用サプリ)、塩分として塩か粉チーズか味噌か醤油をほんのちょっぴり。あとは風味付けで、鰹節や煮干し、ゴマ、ピーナッツ粉末や海苔などを日によって取っ替え引っ替えして上にサラッと。そんなところかな。
もぉ〜食材の数だけは十分でしょうーーー、ねぇ?
新鮮さに欠けるところは心苦しいですが、人間よりよっぽど色々食べてます。いや、食べ過ぎじゃね?くらいですよ。
講師の先生は、生肉、生野菜のトッピングを勧めていました。生肉は心情的にあげる気が起きなくて、ほとんど使ったことが無かったですが、お話を聞いて、今度から少しあげてみたくなりました。
ちなみに、ノンちゃんはなぜかお刺身が苦手で食べられません。お皿に盛ると「キュオォ〜」って悲しい声で鳴いちゃいます。それがかわいくて鳴かせた後に、ちょっと湯がくと喜んで食べます(笑)。
前はドッグフードをトッピングしてました。でも、フードの裏面に書いてある原材料とほぼ同じような内容を網羅してしまっているので、いいやと思ってご飯の時はあげなくなりました。
ドッグフードはお散歩やクリッカートレーニング、トリミングなどのときに便利なので、一粒ずつご褒美としてあげています。
一ヶ月に500gくらいは食べてます。
こんな風に好き勝手にやっちゃってますけど、正解がすぐ分からないのが動物のご飯の難しいところじゃないかと感じています。
「元気であればそれが正解」とはよく聞きますけれど、何を食べたって今のところノンちゃんはピチピチギャルで元気ですもん。毛並みだって良いと言えば良いし、普通と言えば普通だし。
誰かの考えに右習いした作り方ではないので(そりゃーだって大量に作って冷凍しろとは誰も指導しないと思う)心細くはあるものの、わたしが手作りで一番気に入ってるところは、体重管理がしやすいところです。
ジャムは長年ずっと太らせてしまっていて、どうやってもダイエットができなかったのが、晩年、フードを半分に減らして手作りのトッピングを加えることで、半年で1キロ以上痩せることができました。
フードだけでダイエットしようとすると、量を減らすか、フードの種類を変えるか、やれることの選択網が少なくて、食べるのが好きなコはなかなか上手くいかないのです。その点、手作りで調節すると、ご飯や豆類(糖質)を減らしてこんにゃくや野菜(食物繊維)を増やしたりと食材の工夫のしようがあって、かさが増して罪悪感が無いし、喜んで食べてくれるのでやりがいが出て来ます。
ダイエット中のコの飼い主さんには、ぜひ試してみて欲しいです。

1209b14.jpg 

ひとつ迷っているのが、牛乳です。ノンちゃんは牛乳が好きで、ママは喜んでいる姿を見たくてよくあげます。牛乳は人間でも飲まない方が良いという人と、飲んだらそれなりに栄養になるという人がいて、ノンちゃんはお腹がゆるくならないので乳糖の不耐性ことを抜きにしても、どう考えて良いか分からなかったのですが、講師の先生は「自分は牛乳の色々な問題点を考えた上であげていないけど、乳製品を喜ぶのならヨーグルトにしてみては」という答えでした。
なるほどぉ〜・・・・ヨーグルトも好きで、すでに毎日食べてる・・・・。
先生は、発酵食品をかなりプッシュしてました。それも添加物の無い良質のものが良いそうです。我が家の一番の発酵食品は手作り酵素ですが、手作り酵素と乳製品は相性が悪いらしく、手作り酵素の指導者の方も、乳製品には否定的でした。
自分のことなら胃が重苦しくなるとか、口がチクチクするとか、微妙なことでも合う合わないが判断出来るのだけど、動物はその点がやっぱり悩みどころです。
牛乳は嗜好品程度に考えておこうかな。
またこれからなるべく色々な方の話を聞いたり、観察眼を養って「ノンちゃんのベスト」を探せたらと思います。

スポンサーサイト

Comment

こんにちわ~~
我が家も最近手作り食(夜だけですが)になりました。
うちは毎日適当に作ってます、フープロもいいですが、洗うの面倒なのでみじん切りで
ご飯、うどん、パスタ、春雨などと、季節野菜中心(なのでほぼ同じになる)肉か魚、たまごです
割合は1対1対1で、肉類多めかなぁ~~
SAYUさんとほぼ同じです。
ピラフ、雑炊、どんぶりっぽくかなぁ~~
素材の味そのもので美味しいですよねv-290
牛乳はケフィアを入れてヨーグルトに、たまに水でかなり薄めて与える。
豆乳のシチュウ風もしますよv-218
けっこう楽しいですよね!喜んで食べてくれるし!
フードは私が出ることがあるので、失くすわけにはいかないの、
ミルクパパが見てくれる時用にね。
生肉は「なみかた」さんの馬肉をあげてます。


またですが。。。
肛門絞り、溜まってないとでないので、出ないときもあるし、
うわっ!つうくらい出るときも(笑)ワンズはイヤみたいで「ウゥ~」とか言うけど
スッキリする(私が 笑)

2014/12/20 (Sat) 12:35 | キーコ #- | URL | Edit
Re: キーコさん

キーコさんの作るのって、人間も食べたいくらいほんと美味しそうですよね!
しかも菜園の無農薬野菜でしょう?そりゃ、ワンズ健康だわー♪
わたしも野菜はみじん切りにしてます。にんじんや大根は擦ったり。
先生は吸収率上げるために全部野菜は擦ってるって言ってました。
馬肉ね。手作り食の方、馬肉とか鹿肉とか、皆さんすごいですよ。わたしなんか、牛肉だって生協の牛肉祭りの時しか買わないのに〜。た、高いぞぉ〜〜〜。
フードを混ぜなくするのって、最初に勇気がいりませんでしたか?わたしはけっこう違和感がありました。
でもやってみたら何ともないものないんですよね、習慣ってオソロシイ。
パスタ、春雨、豆乳は食べさせたことが無いです。蕎麦は?ノンちゃん、お蕎麦結構好きです。
やっぱり、牛乳はそんなにあげてないんですね。
んー、話が尽きないーーー、そうなの、すごく楽しいんですよ。
味付け、見かけ、切り方がどうのこうのなんてないし、人間じゃ有り得ないような取り合わせでも、なんでも喜んで食べてくれるし、それがけっこう美味しかったりしますよね。
わたしもドッグフードは止めるつもりは無いです。
講習会では恐ろしい話も聞きましたけど、やっぱり便利ですもん。
「フードは人間が楽するためのもの」先生が言ってました。わたしもそう思います。カップラーメンみたいな?
ドッグフードのような保存食はどう頑張ったって、添加物を入れないと作れないそうですよ。先生の作っているフードは安心安全らしいですけど、高いフードにお金をかけるより、わたしはお肉の一つでも増やしてあげたいです。

肛門腺絞り、出ないときもあるんですか。
なんでこんな単純な手順な作業で、出来る人と出来ない人がいるのかが不思議です。
そうですね、出来たらそりゃースッキリすると思う!

2014/12/21 (Sun) 09:45 | Sayo & Nonno #- | URL | Edit

SAYOさ~ん!話は尽きないね~~
フードは栄養バランスが取れてるような気がして、なかなか脱せなかったのよ。
注文してるフードは安心と思うようにしてますv-8


そばも食べますよ~~夏はそうめんとか、何でもです。
生野菜など、調理中にあげちゃってりしてます(いけないんだけどね~~)
鹿肉はとんでもなくお高くて与えたことない!!
牛肉は脂の少ないスジ肉(国産で100グラム 130円まで)を脂をとって、
硬くても噛んで食べないし、大丈夫(笑)
ノンちゃんは噛んで食べる派?飲み込み型?
うちは噛んで食べるのはミルク、掃除機はバームとセラム(汗)

ある程度測って作って、体重管理できてるのに。。。
人間(特に私!)管理できない、体重成長してます(爆)

2014/12/21 (Sun) 16:32 | キーコ #- | URL | Edit
Re: キーコさん

そうそう〜♪ね、ね!楽しくてうれしくて話したくなります。
でも散歩中に会う飼い主さんに調子に乗って話すと、そんなことしたらダメだわ・・・とか注意されてしまうときがあるので、手作り食仲間に会うとうれしいです。

「フードは完全食」私はその呪縛からまだ逃れらないですね〜。だから、フードの材料を全部入れるような作り方になってます。これからもっと自由になれたら良いな。
一昔前から比べれば、ドッグフードは良くなってますよね。ネットがあるので、ホームセンターの中で選ばなくて良いし、便利便利。

私もできるだけ何でもあげるようにしてます。
ぜんぜん調理中もあげてるぞ〜〜。家中であげるので、すっかり料理の味見係になっちゃってます。
牛スジ1キロをジャーキーにしたことありますよ。半分くらいは脂で大変だった・・・。あれを食事にも使うんですか。なるほどぉ。なにせ、わが家の人間は長年野菜中心(菜食主義では無いけど)なもんですから、今までお肉というものをほどんど買ったことが無くて無知なんです。なので、野菜に比べてお肉がずいぶん高く感じてしまう。動物の命なので当然でしょうけれど。
ノンちゃんはどちらかというと噛んで食べる派かな。

今、父が、糖質制限食(江部康二さんの本を参考に)というのをやってて、一ヶ月に5キロも痩せましたよ!
平たく言うと、ご飯、パン、お菓子などの糖質を止めて、タンパク質、脂質をエネルギー源にするっていう食事療法です。父は痩せるのが目的では無くて、痩せたらかえって病院で注意されちゃうので、糖質以外はこれでもかってくらい、モリモリ食べてるんですけどダメ、痩せますよ〜〜。血液検査の結果が少しづつ良くなっているので、これもありだと思いました。
犬は穀類を取らなくても良いって考え方もあるくらいでしょう?なので、ノンちゃんにも使える!と思いました。なので、ノンちゃんの食事も、肉魚5、穀類2、野菜3くらいの対比が今マイブームです。

2014/12/22 (Mon) 05:31 | Sayo & Nonno #- | URL | Edit

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。