FC2ブログ

十勝千年の森、ふたたび



牧場......と思うでしょ。
ところが”ガーデン”の一部なんですよ。

お目当ては千年の森で開催されている北海道ガーデンショー
このイベントで、ママのお友達で、姉もNYでお付き合いしているのんちゃんが、
千年の森にアート作品を作りました。
そりゃー見に行きましょネー!っと、はるばる。



たくさんの作家さんの作品があって目移りしますが、到着したのが夕方で、
すぐ参加アーティストのトークショーを聞いた後、
日が暮れる前に、まずはのんちゃんの作品の所へ急がなくちゃ、ということで皆で移動。


向かって右から、十勝新聞社の方、ママ、のんちゃん、のんちゃんのスタッフの方、ジャム。

作品の場所が、(去年グチってた)フォレストガーデンのそのまた奥で、、遠いのよね~。
でも、皆で歩くと楽しい。
寒いくらいの気温で、ジャムもヘェヘェならずに一緒に張り切って歩いてました。



さぁ、到着。
そう、こちらがのんちゃんの作品。
”大地の子宮”をイメージしてるそうで、足下のごろごろは子宮の中の卵なんですって。

芝生が根付かず雨でずり落ちてきたり、定植したフキが元気が無くなってしまったり....
なかなか大変だったみたいで、(うんうん、そんな感じ.....)
ボランティアの方がたくさん手伝ってくれたようです。
なんとか完成して良かったねー。


この土の卵の中には、オオウバユリなどの北海道の野草の種が入っています。
時が経つと種から花になって、
作品が変わっていく=成長していく....のが意図です。

この土の卵、なんかこれって、もしかして~?と思ったら、
自然農法の福岡正信さんの土団子からヒントをもらったそうです。
やっぱり~。むかし本で読んだヨ。


家族以外にはキャンキャンキャ~ンのジャムも、
みんなのお話のジャマにならずに、おとなしくしていたので見直しました。


ちなみに、写真が閑散としてるのは閉園時間の後に回らせてもらって、お客さんがいないせいです。

皆さんとバイバイして千年の森を出たのが7時半、
キャンプ場に移動して、荷物をバンガローに運んで、お風呂へ行って、ご飯食べて、寝たのが....0時!

楽しかったけど、もうクタクタでぇ~~~。
パパママ気失うようにして寝てて、死ぬんじゃないかと焦った......。

つづくーーー。


スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する