FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の爪切りでHappyに

0217a15.jpg

久しぶりに晴れて、元気に雪の中を走り回っておりますー。


さて。
今日はノンちゃんの爪切り物語を語ります。

生後6ヶ月齢で爪切りに大暴れするようになり(血は出しておりませんヨ!)、
あれから苦節一年。.....きみまろ風。
ブログで度々ブチブチ言いながらも、コツコツと一からやり直しの練習を重ねてまいりまして。

この度めでたく、
やっと安定、継続して出来るようになりました!


しかも、ここが重要です。
押さえつけることなく、一対一(私とノンちゃん)でできています!


どんなふうにやっているというと、
0212a05.jpg
これ。
やりづらそうでしょう、この形に折り合いをつけるのに苦労しました。
膝の上に仰向けに抱っこして、1回につき2〜4本くらい、2、3日置きに切っています。

「抱っこして、最初は1日1本を目標に切ってみましょう」と、ドックトレーニングの先生に教わったときは、
「うえーーー、まどろっこしい〜、それ出来る気がしない〜〜〜〜」
声には出しませんでしたが、心の中では口をとがらせて文句を言っていました。
それまでジャムの時は、1〜2ヶ月に1回、4本の足全部一変に、パパに仰向けに押さえてもらいながら、暴れるのをなだめながらーー、切っていました。
でも、そのやり方では、ノンちゃんはひどく大暴れして、爪を切るどころか、押さえていることもできません。
パパに、トリマーさんのように動かないように押さえてくれ、もしくは私が押さえるから切ってくれ、というのは無理な注文で、私が一人でやるしかなくなりました。
初めは、自分で抱っこして切る体勢がどうしてもやり辛くて、立たせて脇で押さえるのもずいぶん練習しましたが、トリミング台も無いし、ノンちゃんはギュッと押さえられるのが最も苦手で上手く行かず、結局は抱っこスタイル路線に戻って練習しました。

まずは爪切りを見せたらフード、爪切りを持ったまま抱っこ出来たらフード、肉球に触ったらフード、爪に触ったらフード、爪切りを爪に当てたらフード....何ヶ月もこれだけです。ここまでは、まぁ順調に進みます。
そして勇気を出して。。一本切ったらフード!
ノンちゃんは驚いて、バタバターッと暴れました。「切らない」と安心してたのが、「やっぱり切るんだ!」に変わった瞬間です。
そして次からまた警戒が始まり、振り出しに戻って、爪切りを見せたらフード......

もう、もう、もうぅっ!
いつになったらマトモに切れるの!
気が遠くなるし、どうやって爪を切っていたかも忘れそうで、くじけてしまいたかったです。半年以上は、出来るようになる兆しが全く見えなくて、半ば諦めて何も練習しないときもありました。

でも、今までジャム時代からトリミング関係は一応全部自分で済ませられていたので、今さら爪切りごときで定期的にどこかに連れて行かなくてはいけないのがこれまた面倒で、しかも、ノンちゃんは所要時間10分程度の爪きりだけでもガタブルの泣き叫びなので、その姿を毎月見るのも嫌でした。

去年の11月にはまだ一本切るのに双方がドキドキで、爪の伸びる早さに追いつかないのでトリマーさんにお願したのですが、その頃辺りから、徐々になぜだかスーっと切った後に大げさに暴れなくなり、あれよあれよといううちに、それじゃあ、2本、3本.....と、できるようになりました。

そして今や!
信じられないことに、ノンちゃんに爪切りを見せただけで、抱っこ〜と膝に手をかけるようになったのです。
そして、さらに!
1、2本で早めに済ませて膝から下ろすと、もっとーっと膝に乗ろうとするんです!!
えーーーっ、何が起こってる?!
自分でやってても、アンビリバボー!!
今でも切ると一瞬ビクっとなるので、恐い気持ちはまだあるとは思うのですが、フードの美味しさが恐怖心を上回ってるのかなぁ?いつものドックフードなんだけど...
「もっとー」は、ブラシのときはやらないんですよね。

何はともあれ、こういった犬にも人にも心的負担の軽い爪切りの方法、YouTubeでは見たことがあり、「よっぽど寛容な犬と卓越した飼い主さんコンビなんだろう」と、別次元に感じていて、自分はあくまでも上手に押さえて切るのを目標にしていたのですが、結果的に無理せず押さえずにできてみると、ほんとうに素晴らしく、1本切る度にうれしさがこみあげてきます。
誰かに手伝ってもらわずとも、2人(一人と一匹)の都合でいつでもできる、ちょっとづつで良い、というのも楽です。
初めは、時間(日にち)差で切るので爪の長さがいつもバラバラ、常に未完成状態なのが気持ち悪い感じがしましたが、暴れるのをなだめながらやっと切る気苦労からみれば、なんちゅーことはありません。
もちろん、トリミングに通う手間からも開放されて、ノンちゃん含め家族全員ほっとしました。

犬の爪切りで、こんなにHappyになれるとは。
たかが犬の爪切り。されど奥深いですのぉ。想像以上に努力のかいがありました。

浮いた¥500でノンちゃんの鶏肉を買っちゃうぞーぅ♪
スポンサーサイト

Comment

あれー。コメント書いたけどきえちゃったかな。
爪切り、すごい 凄いですね、根気ですね。
私は最初から爪切り放棄しているなーなんでだろ。
記事を読んで何だかやってみたくなりました。

ノンちゃんも1歳半ですね、ウチのトトも1歳半になってパピーの頃とはまた違った性格も出て来て面白いです。
成長の変化を目の当たりに出来るのって楽しいですね^^

2015/02/27 (Fri) 22:10 | トトーニョ #- | URL | Edit
Re:トトーニョさん

あ、コメントありがとうございます。
爪切り物語、すごいでしょう。自分でも感動してますもん。
ほんとうに難しかったです。
トトちゃんはお家で切ったことが無いとなると、まだ爪切りに悪い印象はついてないってことですよね。
私のように、マイナスからの出発じゃないので、ここまで苦労しないのでは?
小型犬の爪って伸びるの早くないですか。特に今こちらは雪なので特に早くて、冬シーズンに間に合って良かったですよ。

ノンちゃんもトトちゃんも、まだまだ伸びしろ十分で体力も有り余ってますし、トレーニングは楽しいですね。

2015/03/02 (Mon) 14:43 | Sayo & Nonno #- | URL | Edit

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。