スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地平線を見る練習

1029b15.jpg

「ジーンは、君に地平線を見るようにと言ったね。そうするようにしなさい。」
「それはどういう意味なの?」
「僕たちは誰でも、自分の周りに一種の『魔法のスペース』を作っている。普通は半径15フィート(約4・6メートル)の円で、僕たちはその中で起こっていることに注意を払っている。それは人、テーブル、電話、窓、なんでもかまわない。僕たちは自分が作ったその円の中の小さな世界をコントロールしようとするのだ。
 しかし、魔術師はいつもそれよりもずっと広い世界を見ている。僕たちはその『魔法のスペース』を広げ、もっと沢山のものをコントロールしようとする。そのことを彼らは『地平線を見る』と言っているのだ」
「でも、どうして私がそんなことをしなければならないの?」
「君がここにいるからだ。それをすると、ものごとがどれほど変化しているのか見えてくるのさ」

〜パウロ・コエーリョ著『ヴァルキリーズ』より

ここの箇所を読んでから、一人(ノンちゃん無し)でウォーキングするときは、坂の上へ登って、地平線を眺めるのをゴールにしてる。
普通に部屋の中にいるときにも、見えない地平線を思い出すようにすると、視野が広がった感じがして、脳ミソの調子がいい。

パウロ・コエーリョの作品群には、パウロが信仰しているキリスト教RAM教団の修行的なものがあちこちに出てくる。
多分、仏教で言うところの禅宗みたいなもんかな?
本に書いてあるぐらいだから、高度な秘伝の業じゃなくて、日常に取り入れられそうなものが多い。
呼吸法もあるし(吸って止めるヨガみたいなの)、植物の種子になるっていう可愛らしいのもある。
全部やる気力はないけど、地平線を見る練習は手軽にできるし、好きだ。
マイブームが去っても忘れないように、ここに書いてみた。図書館の本を借りてるので。



そうそう。
リス様ご招待計画を実行すべく、森で拾ってきたクルミと松ぼっくりを置いた。
一週間経つが、数に変化なし。
リス様、気がついてないし〜。
ご近所のリスの呼び込みのベテランは、クルミはむいてあげているらしいのだけど、リス、自分でできるよねぇ?
自分でやって欲しいな、という願いを込めてそのまま。
1028c15.jpg 


スポンサーサイト

Comment

No title

大学浪人していたときに、2階の階段の窓から遠くの山が見えて、いつもその山をみながら練習していたんだ。それで、今でも遠くの山のイメージははっきりあるさ。

2015/11/29 (Sun) 14:40 | kabochaya #- | URL | Edit
Re: kabochayaさん

それじゃあ、地平線を意識する鍛錬はバッチリだね。
実は今、いろんな練習をしてるから、けっこう忙しいのよ。
kabochayaさんと一緒に暮らしている時、なんだか妙に一人で忙しそうにしてたのが、今では分かるワ。

2015/12/01 (Tue) 18:30 | Sayo & Nonno #- | URL | Edit

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。