スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこの郷土料理?

0114a16.jpg


今日は、ノンちゃんのご飯を作った。
けっこうな量でしょう?
今は3週間分くらいまとめて作って冷凍している。
大量に作った方が楽ちんで、回を増すごとに量がどんどん増える増える。

今回の食材は、
鶏肉、さんま、豚肉、玄米、舞茸、昆布、ゴボウ、ニンジン、高野豆腐。
(これに、さらに食べるときに、その日ある食材やトッピングをプラスする。詳しくは→前記事

作っている最中につまみ食いをすると、美味しい!どこか行ったこと無い地方の鍋っぽい?!と思う。
人の食べる料理で、これだけたくさんの食材を使って作るものってそう無いから、キノコから昆布から動物からダシが出て、味付けしなくたって味濃いし、色んな味が複雑に混ざってて、鍋のシメにゴハンを入れたときの感じに近い。

冬にゴボウを使うようになって、さらに郷土料理っぽくなった。
ゴボウは、アク抜きや皮むきなど下処理せずにピーラーで剥く(切る)と、美味しく栄養価が高くなるとTVでやっていたので、試したらほんとうに美味しさが増した。
犬にゴボウは、ちょっとミスマッチな感じがしたけれど、案外イケル。ノンちゃんは野菜が好きで助かる。(キノコや海藻はご飯に混ざってないと食べない)
0114b16.jpg

出来たては格別らしくて、作っていると、ク〜ンと鼻を鳴らしておすそ分けを待っている。(でも、ごめん冷凍庫行き。)



この前、ノンちゃんがおやつとして食べているドックフード(今は食糧さん)を普通にご飯として食べたら、どのくらいの金額かを計算したら、月4000円以上するのが分かってビックリした。そんなに高いメーカーではないはずなのに(中くらいか?)、世のドックフード派の犬たちはけっこうな食費がかかっているのね。
ノンちゃんのお食事も、ドックフードの原材料に負けず劣らずあれもこれも入れて、飼い主の食事よりも豪勢にしているけれど、食費はドックフード派の約半分だ。人用の食べ物と同じで、加工品は作ってもらう分、お高くなるのでしょう。
手作りでも、希少肉を使ったりするといくらでもかけられちゃう話は聞く。でも私は、飼い主と同じ近所のスーパーの(特売の)食材レベルで作るのが好きだ。ノンちゃんは今のところ、どのたんぱく源にもアレルギー症状が無いし、何でも喜ぶので作りがいがある。ドックフードが嫌いだったジャムにも食べさせたかったなぁ・・・。
スポンサーサイト

Comment

おいしそう〜。

2016/01/15 (Fri) 13:22 | kabochaya #- | URL | Edit
Re: kabochayaさん

自分のゴハンもこれで一緒に済ませたいくらいだよ。

2016/01/15 (Fri) 15:25 | Sayo & Nonno #- | URL | Edit

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。