FC2ブログ

アフロな松葉ボタン



6月の末に種蒔きした松葉ボタン、まだがんばって咲いてます。
間引きが苦手でほとんどしなかったので、ギュウギュウでアフロヘアーみたいでしょ。
派手好きなママはこのアフロっぷりが相当気に入っていて、いつもは見て批評するだけで何もしないのに(自称=お花鑑賞家)花がらをまめに取ってお世話しています。喜んでもらえると、種蒔きしたかいがあるっちゅもんよ~。

このお花とのお付き合いは、ガーデニングを始めた頃から。7、8年前かなぁ。
一年草といえばパンジー、マリーゴールド、ひまわり....くらいしか知らなかった時、松葉ボタンを見て「こんなにかわいいお花があるの?ちっちゃいバラみたい~~」(今考えれば、「ちっちゃい牡丹みたい~」と思わなくちゃいけないところだと思うけど、当時は牡丹も知らなかったし~)と感動して苗を買いました。
そのころは、家のお庭(というより畑)はパパの育てるトマトやキュウリやハーブ類、食べられるものオンリーだったので、食べられなくて、しかも1シーズンしか咲かない苗を買うのは初めてで、100円でもなんだか無駄遣いした気持ちになりました。
ところが、松葉ボタンはお花が終わった後、種がわんさか出来るんですよ。それをせっせと集めて翌年に蒔いて咲かせる、ってのにその後すっかりハマりました。種から育てても超~簡単で何があろうと咲いてくれるのもヤル気が出る元になって、好きな色に咲いた株に印をつけて、その株の種だけを採取するとか、凝っている時期もありました。
そうやって、ずーっと毎年やっていたら、去年はさすがに飽きてしまって、貯めた種は冷蔵庫に眠らせたままにしました。今年はママが、「松葉ボタンがお庭にないと寂しいなぁ...」とボソっとつぶやいたので、復活。
種が古くて発芽率が悪いかもしれないと多めに蒔きましたが、心配はご無用~、アフロ完成です♪
わたしが松葉ボタンだったら「2年も冷蔵庫にほったらかしにしやがったナ!もう咲かないもんね!!!」ってひねくれるところですけど、いつ出番があるかわからないまま待たされたのに、無償でママを喜ばせてくれるんですから、ホントえらいです。
植物を育てると豊かさをもらっているような気がしますヨ。
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する